<

通販ガイド

<

<告知ページ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
実験1


数にこだわるのは好きじゃない
こと 趣味、漫画に関してはそう

数にこだわるのは経済だけでいい

というのを前提に、
偶然ではあるけれど結果的に面白い実験になったので

↑ これは 2018/4/22  概ね連続して同じ時間にアップロードした作品

描いてる人のセンスや、能力は大きく変わってない(はず)なので
数字の差は作品のネタ性 と 作品自体の知名度に影響されている
と、かんがえてよいはず

一か月後のブックマーク、閲覧数の差がこの画像


なにが言いたいかというと…

あーでもないこーでもないと試行錯誤しながら、
4~ 5日かけて悩んで悩んで仕上げた表紙イラスト(高嶺の花子さん)
が (こういうのは嫌だけど) 一番 評価が少ないという事実

まぁ…世の中 そんなもんかもしれない とか
立場的に一番目を引くものにしなければならない表紙イラストが
アラサーの制服に負けているという 僕自身の能力が問題かもな

とか、まぁいろいろ考察してみたものの…

これからも好きなものをその時思ったように描くだけなので
あんまり深くは配慮しない…



でね?


この話のオチは





実験2


シノハユは知名度低いかな~
咲厨は、イタいイラストが好きなのかな~

とか、そんな低空なご高察を
ものの一時間であっさり抜き去ったわたモテって

すげぇぇええええええええ!!!!!

ってこと

スポンサーサイト
2018.05.27 Sun l 日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
愛されすぎ問題_001
愛されすぎ問題_002



 シノハユ 二次創作漫画
 「慕ちゃん愛されすぎ問題」~瑞原はやり編~

 いずれ、このショートストーリーを結集して本にしたいな と
その一遍

 インスピレーションは、シノハユ6巻のはやりん初対面のこと覚えてましたわ から

漫画の出来栄えだけを考えると、
いわゆる顔漫画的な場面説明に乏しいかもしれない

このお話を描くにあたって、もっとも悩んだのは
2P 2コマ目のはやりんのセリフ

慕ちゃんが、勘違いするくらいには直接的ではないけれど、
慕に向けた想いを表現できていて、かつ
できることならば読者の印象に残るセリフにしたかった

「慕ちゃんとあんなに密着できたのって」
「慕ちゃんとあんなに接近できたのって」
「慕ちゃんと抱き合えたのって」
「慕ちゃんの体温が感じられたのって」
「慕ちゃんの顔近くで見れたのって」
etcetc

で、最終的には↑の形に…

これが、最高であるかなんてわからないし、
最善なんてものがあるのかすらもわからない。
明日になればもっとステキな表現が思い浮かぶかもしれない。
けれども、これがその時できた自分の最適解だと思います。

言葉……コレだけは……
千夜を明るくするほどの電撃的な火花を
創作物の中に表したい。

自分の絵柄は大好きだし、
汚かろうが、可愛くなかろうが、上手くなかろうが、構わない。
その瞬間の最高ができればそれでよし。

僕より、上手に、綺麗に、可愛らしく、萌え萌えで、面白い
漫画を描ける人はたくさんいるかもしれないけれど

「僕の漫画が描けるのは僕だけ」

と、思ってペンを握っている。

2018.05.14 Mon l 漫画 l コメント (0) トラックバック (0) l top
68345362_p1_master1200.jpg

2018/04 に描いたイラスト きつかわシリーズ すこやん こと 小鍛治健夜 (27)

ハルちゃんが辱めの制服を着たなら
恋人のすこや(???)にも着せなければならぬ

きつかわシリーズで一番最初に描いたイラスト

色塗りを少し簡略化して、
生産力を上げられないか とチャレンジしたイラスト
厚塗りの色を少し減らして、アニメ塗りに近い感じに

もう少し、色合いをえげつなくした方が綺麗に画面が映えたかもしれないな
(スカートの色とかね)
と、ほかの きつかわさんを描き切ってから思った

背景の配色は、「配色アイデア」(マール社)を参考に
ポーズは、「女の子のポーズ500」(鷹済堂出版) からトレス

やだ……この人、何も成長してない!!

2018.05.06 Sun l イラスト l コメント (0) トラックバック (0) l top
68345362_p2_master1200.jpg

2018/04 に描いたイラスト きつかわシリーズ ハルちゃんことレジェンドこと赤土晴絵(26)

きっかけは例の画像
Vita の追加DL 赤土先生のカットイン

あれは僕にはいささか衝撃的であった

26 の女性が顔を赤めながら母校の制服を着て スカートをたくし上げる
という、説明に窮する状況は、
ちょうど2017年冬コミのレジェすこ本 (ハッピーエンドその1) を
描き上げてひと段落していた僕の脳髄を刺激した。

そんなわけで、ぼくのハルちゃんにも着ていただいた
ちなみに、傍らのあらたそは、トシヲさん というレジェンド狂 (誉め言葉)の
絵柄をお借りして勝手にしたためた。
可愛い!!! とか、月並みな言葉で表現することが好みではない。
僕の中の何かに触れて、この方の描くあらたそが焼き付いているのだ。

色塗りについて、いろいろ模索したい、という目的もあった。

いつもより、少しだけ彩度を上げた色使いにしてみた
塗りはスタンダードななんちゃって厚塗り
背景の配色は、ちょうど購入した教本「配色アイデア」(マール社)を参考に
ポーズは、「女の子のポーズ500」(鷹済堂出版) からトレス

トレスは非常に楽で、完成度も高いが、クリエイティビティの刺激にはならない
2018.05.05 Sat l イラスト l コメント (0) トラックバック (0) l top

123.jpg

ブログをせっかくなんで、何かに使いたいなと思った。

で、おそらく Twitterの方が見てくれる人も多いと思うし、
同人の情報とか、イラスト閲覧では十分だと考えるので、

ブログには、Twitterだけでなく
作者(ぼく)のどうでもいい講釈を読んでやってもいいかな…
って奇特な方  向けに書いてみようかなと思う。


で、主にイラスト とか 本について
僕がどんな想いで描いたか ってことを綴ってみようかなと思う。

↑ イラスト 「高嶺の花子さん」
 2018/04/01 発行 シノハユ二次創作本 同タイトルの表紙


本のタイトルを決めた時点で、絵のモチーフは花にしようと決めていた。
勝手ではあるが、慕のイメージは 月下美人
 悠彗のイメージは 蓮 
とおかせてもらい、作中で多少言及したわけではあるが、
変に表紙にそのイメージを植え付けるよりは、
明るくて爽やかなイラストを持ってきたかった。

そこで、春に出した本で季節外れではあるけれど、
おそらく万人が健やかさとか、元気さを印象に持っているであろう
ひまわり をモチーフに持ってきた。


とりあえず、慕と悠彗の配置は決めたものの
ひまわりをどうやって書いていくかで悪戦苦闘
青い空を見せたいなと急に思って
空を置く、
そこからひまわり畑の画像を参考にしつつ
ガシガシと塗り込んでいってなんとか体裁を保った。

塗り絵だけが上手い作家と言われている小生であるので、
色使いには自信がなく、
もう少しひまわりの黄色と葉のグリーンを
コテコテした感じにしたら、
画面が映えたかもしれないな、と思いつつも
変更の方向性が分からなかった。






2018.05.05 Sat l イラスト l コメント (0) トラックバック (0) l top
122.jpg



コミケ C93 新刊
 咲-saki- レジェンド(晴絵)×すこやん本 第一弾の
表紙でした

いろいろ語りたいこともある気がするけど
2017年 なんだかんだ本を2冊出せたのはよかった気がします

またいずれ
2018.01.05 Fri l 同人 l コメント (0) トラックバック (0) l top





コミケ C92 新刊 咲-Saki- 本

こかじすこやん中心

全年齢

B5 オフセ 24Pでございます


いろいろ中は……ですが オフセが出るだけ素晴らしい と思いたい
今回は、真の敵と戦い 撃ち殺すことができました




きこえるか 届いているか ぼくの足音


0002.jpg
0003.jpg
0004.jpg
0005.jpg

2017.08.05 Sat l 同人 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。