<

通販ガイド

<

<告知ページ

100218今夜~1

どうもこんばんは 化学屋あきです。

↑新刊の1P目
まあ、自分が今描きたいのはこっちだってことで…
「ひぐらし」の方は、まあ、なんとかなるやら~(笑
あ、1コマ目は……背景…(笑

「自信」という言葉はえてして使いづらい。

今回のお話は、先月のオンリーに向かう電車の中で考えていて、なんとなくふわっと出てきたんですが、
自分的には結構いい感じのお話になったかな、と思ってます。
まあ内容的には、ありがちっちゃあ、ありがちかもしれないです。
僕の好きな読んだら赤面、って感じの話じゃないですけど。

もちろん、今まで本にして出してきたお話は全て「自信」をもって送り出してきたし、
絵に関しても時間に追われて描いたものもあったけど決して手は抜いてこなかったと確信しています。
まあ、その中でも自分的に中身スカスカだったものもあるわけですが。
(思い返すと、今まで描いた一×透華の二作はそれに当たる。なんと因果な(笑))
そんな作品にもどこかに自分らしさを内包できてたかな、と思ってます。

今までの作品の中でも特に処女作「My Rosemary」では
生きることに対する自分の思いの一端を、圭一の口を通して語りました。
漫画の中に自分の意思を反映できた、ってところでも「My Rosemary」は特別な一作です。
今回の漫画も、自分の思いとか考えを少しだけ一の口を借りて語ってもらいます。
願わくば、この作品がまた僕にとって重要な一作になりますように。

それではまた。

2010.02.18 Thu l 漫画 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://unchhelix.blog6.fc2.com/tb.php/110-f605e460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)